自己紹介

企業が人材紹介会社を選別されるポイントのひとつとして、人材コンサルタントが必要とされる人材イメージを的確に把握できているか、が挙げられます。

人材イメージを的確に把握するためには自分自身が業務を経験していないと難しく、その点において私のこれまでの経験が企業のお役に立てると考えております。貴社の成長の礎となる人材の採用に尽力致します。

 

この仕事を始めたきっかけとやりがい

採用担当として、毎年1000通以上のレジュメを拝見し、多くの方にお会いさせていただく中で、「このご経験は、うちの会社では難しいけど○○ならもっとフィットするだろうな」「この方の仕事に対する考え方は、△△が合いそうだ」と考えることが多々あり、転職を希望されている方に最適なアドバイスをしたい!という強い思いから人材コンサルタントを志しました。

企業にとって人を採用することは重要な業務です。また、転職を希望される方にとって、転職はキャリア形成の大事なポイントとなります。双方とも真剣な故、人材コンサルタントの仕事は非常に厳しいものではありますが、良い出会いに導くことができた時の達成感が、何よりの励みになります。
今後も数多くの良い出会いに導けるよう、日々努力していきたいと思っております。

 

プロフィール

[ 経歴 ]

学習院大学法学部卒業後、大手生命保険会社に入社。7年間システム開発業務に従事。 その後、アクセンチュアに転職。アクセンチュアでは採用部門に所属、年間100名以上のITおよびコンサルタント人材の採用を長年経験。その後、大手不動産ファンドのプロロジス、大手人材紹介会社、大手ITコンサルティング会社で人事採用関連の幅広い業務に携わる。

[ 担当業界 ]

コンサルティングファーム、IT業務、企画・人事業務

 

コンサルタント一覧に戻る

当社のコンサルタントは専門としている領域をそれぞれ持っております。
ご指定頂いた場合でも、貴方様のご経験によってコンサルタントを変更させて頂くことがございます。
また、ご案内できる情報がない場合には、大変恐縮ながらご面談をご遠慮させて頂くこともございますので、ご了承賜りたくよろしくお願い致します。