ESG人材の転職動向に関する弊社コンサルタントの見解 『日本経済新聞』の記事に掲載

世界の最新金融ニュース、マーケット情報、市場の分析や、金融情報を提供している日本経済新聞に、ESG・サステナビリティ領域を専門領域とし、多くのESG・サステナビリティ人材の転職をサポートしてきた弊社エグゼクティブコンサルタント宮崎達哉のコメントが弊社の見解とともに掲載されました。ぜひご一読ください。

【日本経済新聞】
迫る気候リスク開示、TCFDって何? 企業は人材争奪も

求人情報や最新の動向など、より詳細な情報をお聞きになりたい方は、ぜひ株式会社コトラにご相談ください。

>コンサルタントへのご相談はこちら

担当コンサルタントのプロフィール

エグゼクティブコンサルタント 宮崎 達哉
[ 経歴 ]

信州大学工学部卒、ゼネコンでの施工管理者を経験した後、三重県庁にて産業政策の企画・運営業務に従事。県庁在籍中に、経済産業省資源エネルギー庁及びNEDOにてエネルギー政策に係る新規事業立案や規制・制度の合理化に従事。デロイトトーマツグループでの地方創生及び教育分野のコンサルティング業務を経て現職。

[ 担当業界 ]

ESG/サステナビリティ領域、シンクタンク、コンサルティングファーム、監査法人、パブリックセクター、教育、経営層、管理系人材、技術者

>コンサルタントへのご相談はこちら