コトラのSDGsの取り組み

事業を通じたSDGsへの貢献

国連では、2015年9月の国連サミットにて、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、2030年までの国際目標として「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。

「持続可能な開発目標(SDGs)」は持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

コトラでは、「企業文化を支える取り組み」の一つとして、社会課題の解決を目指し、SDGsの達成、貢献に向けて取り組んでいます。
 

コトラのSDGsの取り組み
4.質の高い教育をみんなに
4.4 AIを中心とした技術的、職業的スキルを未来の専門家である大学生にたいして提供します。
5.ジェンダー平等を実現しよう
5.5 女性リーダーシップの必要性をあらゆる企業に啓蒙し、リーダー人材をご紹介します。
5.b 女性のエンパワーメント促進のため、ICTを活用し、あらゆる場所での就業可能な環境を提供します。
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
代替エネルギーを提供する企業にリーダー人材をご紹介し、産業の活性化に貢献します。
8.働きがいも経済成長も
8.2 高付加価値セクターや労働集約型セクターに対して多様かつ技術力、専門性のある人材をご紹介し、経済生産性向上に貢献します。
8.5 ディーセント・ワーク、同一労働同一賃金の達成のために、雇用流動化に貢献します。
8.6 若者への優良企業の紹介、業界研究会を通じて、適切な就業機会の創出に貢献します。

(関連記事)
W20、WAW!に向けた「河野外務大臣と女性起業家の交流会」に参加
https://www.kotora.co.jp/20181023_w20/

外務省 [報道発表] 河野外務大臣と女性起業家の交流会
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_006606.html